11月12日(日)に掛川市総合体育館「さんリーな」にて第2回健康サポートフェスティバルを開催致しました。

去年に続いて2回目なのですが、今回は前回の経験から場所は同じでも少し広い場所を借りて開催いたしました。

そして去年に続いて今年も中北薬品のスタッフの方々にも人員、機材などのご協力をいただきました。

まずスタッフの紹介ですが、「わたしの薬局」、「みんなの薬局」、「健康第一薬局」、「しろにし薬局」、「本部」の総勢23名です。特に健康第一のスタッフの皆さんはこのイベントの中心であり、今回も相当な努力をしていただきました。
今回、新たに実施したのはロコモ体操と認知症の講義です。

まずは会場の準備を9時から始めました。
体育館の床にシートを引きます。シートは広げるのは問題なかったのですが‥
準備は着々と進んで椅子を並べ、テーブルを設置しました。

会場の準備が整ったところで、全員集めてのミーティングです。

当日のスケジュールや注意点などを確認します。

予定は10時からでしたが、準備が整いましたので定刻より早めの9時30分よりスタートです。

今回は会場が広かったのと2回目ということもあり、比較的順調に行えました。整理券を利用したのも待ち時間の目安になったのではないかと思われます。
それと全体的に去年より若干少なめでしょうか。それとも会場が広くなったせいかそう見えないのかも知れません。

測定器は事務員が行い、結果を薬剤師が説明します。
役割を分担したおかげか昨年よりもスムーズに流れています。

サプリメントの相談もこの日は14件ありました。
機械の検査の待ち時間の合間に来てくださったり、検査結果で気になった方や、どんなサプリメントをとっていいか興味があるといった内容が多かったです。
また時間があるおかげか、普段の調剤をやっている時よりも時間をかけてゆっくりとお話しができたのも良かったです。
サプリメントに関していえば、医療用薬品とは別と考えている人も多く意外にも色々試されれている方が多い印象を受けました。

定刻の14時30頃にトラブルもなく滞りなく終了いたしました。

最後の片付け、特に最初に引いたシートをしまうのに(ロール状にして戻すのですが、なかなかロールが上手く巻けず )一苦労したところでしたが、何とか今年も無事終了することができました。

当日ご来場いただいた方及びイベントにご協力いただいた全スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。